PRODUCT 取り扱い商品 製品

JEAN PEUL VINCENSINI ET FILS ジャンポールバンセンシニー社

confitureジャム terrineテリーヌ
フランス・コルシカ島のオーガニック食品

コルシカ島の自然

モーパッサンが「海にそびえる島」と名付けたコルシカ島。 地中海に浮かぶその島は、独自の生態系をもつ手つかずの原生林が広がり
山で育った野生の動植物から作られる島の名産物は、本当の意味での有機栽培。 まさにオーガニック食材の宝庫といえる島なのです。

JEAN PEUL VINCENSINI ET FILS社の歩み

1970年、コルシカ島の標高1,000メートルの山岳地帯の村"SAN LURENZU"で、製品ブランド名Jean Paul Vincensiniを紹介するCastagna de Vallerusite社が設立されました。 その村には壮大な栗の木が生息していて、それはまさに無農薬・有機栽培で育てられた自然の恵みでした。コルシカ島の伝統的な名産品は栗のスイーツ。彼らは、それをアレンジした製品を作ることからスタートしました。伝統的なコルシカの名産品を製品化して世に広めることはコルシカ人の誇りなのです。

栽培からはじまる伝統的な"ものづくり"によって、
無農薬・有機栽培の安心・安全な製品を提供することにこだわりました。

栗を栽培し、収穫して粉末にし、お菓子を作る昔ながらの伝統的な作業。
彼らは、この手間ひまかける"ものづくり"の行程を守りながら製品化できないか考えました。そして、その方法を一から確立させました。
そのときに、彼らが一番こだわったのは「有機栽培」「自然を尊重した農業形態」です。つまり、除草剤や殺虫剤などの化学薬品、化学肥料等に一切頼らない農法で、畑や作物にとって最も自然に近い環境を作るということです。それは、有機栽培専門の製品を作ることを可能にします。
すべての製品をきちんと認定を受けた安心・安全なオーガニック製品として消費者に提供すること。これは、JEAN PEUL VINCENSINI ET FILS社のこだわりであり、誇りです。
その後、設立から10年経つと息子達も会社経営に乗り出し、物流のシステムを整備して製品の販路を広げました。その結果、フランス国内で大手の自然食品オーガニック・スーパー、ナチュラリア(NATURALIA)で商品を販売することができるほど、大きく販路を拡大したのです。

フランス・コルシカの"家庭の味"を毎日の食卓に

このように、恵み豊かな地で45年以上続く「JEAN PEUL VINCENSINI ET FILS」の製品は、産地と品質を保証するための厳格な認定機関の基準をクリアした100%オーガニック製品です。地中海の太陽を浴び、完熟期に収穫したフルーツのみを使ったジャムや自然の山で放牧され、原生の栗を食して育つ豚のテリーヌは、有機栽培で育った素材本来のもつ色、風味、甘さ、食感を最大限 に活かすために特別な加工はせず、着色料、保存料などは一切使用していません。それは、今も昔も変わらぬ伝統的な製法で丁寧に仕上げられた、コルシカの家庭で受け継がれる"家庭の味"です。
そのシンプルでありながら、香り高く深い味わいを毎日の食卓に添えていただきたい。それがビオプロジェクトの願いです。

フランス・ヨーロッパの厳しいオーガニック基準をクリアしています。

フランス・ヨーロッパは何十年も前からオーガニック(Agriculture Biologique = 略してBIO(ビオ)といいます)が定着しており、オーガニックに関する制度も大変整っています。 JEAN PEUL VINCENSINI ET FILS社の製品は、その非常に厳格な認証をいくつも受けており、フランスでも人気のオーガニック製品です。 →フランス・ヨーロッパのBIO認定